意匠支援ブログ

記事タイトル

意匠権が切れた「ジェネリック家具」

109243  意匠権の存続期間は、登録日から『20年』です。

 

そして、意匠権の存続期間中、意匠権者は、

登録意匠と『同一又は類似の意匠』の物品を独占的に製造・販売等することができます。

 

そこで、意匠登録されていた『家具』で、その意匠権が切れたものは、

特許権が切れた医薬である『ジェネリック医薬』にならい、

『ジェネリック家具』

と呼ばれます。

お申込み・お問い合わせはこちら

  • 成功報酬型商標登録センター|大阪
  • 大阪の特許事務所による発明診断

ページの先頭へ